【日本】研究者データベースで産学連携のマッチングを実現

日本の株式会社POLは、研究開発における産学連携のパートナー探しをサポートする、“LabBase R&D” の事前登録を開始したことを発表した。本サービスは、就職が困難な傾向にある日本の研究者と、研究者へのニーズが高まりつつある国内企業との、マッチングを支援するためのものだ。

産学連携
pol

“LabBase R&D” は、共同研究先の候補となる研究者のデータを、各大学から横断的に検索し、コンタクトすることができるデータベースだ。本サービスを利用することで、企業は、研究者とのマッチングにかかるコストを大幅に削減しつつ、コンタクトが難しい地方大学の研究者や、アウトプットの少ない若手研究者との出会いを、実現することが可能になる。

検索の際には、大学や研究分野、キーワードでの検索が可能なほか、公開されている論文や、これから取り組みたい研究、共同研究パートナーに求めることなど、様々な情報をもとに、研究者を探すことができるようになっている。また、研究者は、公開したい情報を設定することができるため、個人情報や研究情報の漏えいに強いのも、本サービスにおける特徴の一つだ。

株式会社POLは、理系学生のダイレクトリクルーティングが可能な、研究データベース “LabBase” の提供などを行っている企業だ。同社は、2018年中に、“LabBase R&D ”の利用企業数100社を目指すとしている。

【サービスサイト】株式会社POL

広告 

PAGE TOP