【日本】プログラミング教育の進め方がわかる事例サイト

日本の特定非営利活動法人みんなのコードは、2020年より全国の小学校で必修となる、プログラミング教育の支援を目的に、授業で活用できる実践事例集サイト “プロカリ” を公開した。本サイトは、初心者でも授業をイメージしやすいよう、授業の展開をまとめたワークシートや写真などを、掲載しているのが特徴だ。

オンライン
procurri

“プロカリ” は、実際に授業で行われたプログラミング教育から、厳選された事例を掲載することで、よりよい授業の実現を、支援するためのサイトだ。本サイトでは、ゲーム作りを通して漢字を覚えたり、平面図形について触れることで、算数への理解を深めたりといった事例を、自分の授業に活用することができる。

また、2018年4月からは、2020年の全面実施に向けた、プログラミング教育の移行期間が始まるため、教師は準備を進めていかなければならない。しかし、日常的に業務に追われている、小学校の教師からは、何をどうやって行えばよいのかわからない、という声があがっているのが現状だ。そこで、本サイトは、準備すべき環境・設備から、授業の進め方、学びのポイントまで、実践的な情報をわかりやすく紹介している。

特定非営利活動法人みんなのコードは、全ての子どもがプログラミングを楽しむ国にする、をミッションに、無償プログラミング教材 “プログル” の提供などを、行っている団体だ。同団体では、プログラミング教育を担う先生方向けに、塾や会議の開催も実施している。

【サービスサイト】プロカリ

広告 

PAGE TOP