【アメリカ】オンライン科目でキャリア教育

アメリカのEdgenuity社は、高校のキャリア科目や選択科目を数多く開発している eDynamic Learning 社とのパートナーシップによって、新しい職業・技術教育選択科目を、自社プラットフォームで提供することを発表した。オンライン及びブレンディッドラーニングプログラムとして、キャリア及び一般の選択科目を50科目、自社のプラットフォームに追加した。

オンライン
Edgenuity

新しい科目によって、高校生はジャーナリズムから犯罪科学まで、関心やスキルを広げていくことができる。成長著しい産業分野をはじめ、ビジネスとマーケティング、エネルギーと環境保護、法律と国家安全、STEM、再生可能エネルギー技術、音楽鑑賞、犯罪学、マイノリティの歴史、プロダクトデザイン、農業や食品などについての科目などが入っている。

調査によれば、キャリア準備科目を履修することで、学習全体に対する生徒の関わりが高まり、成績も上がり、留年などせずに卒業したいというモチベーションにもつながることが、明らかであるという。科目には、作文、インタラクティブな課題、様々な学習教材、音読やデジタルノートテイキングツールなどもあり、学校では、ブレンディッドまたはバーチャル学習環境で、実際に先生が指導することも、Edgenuity社が提供するバーチャル先生のサービスを使うこともできる。

Edgenuity社はK-12のオンライン教育プラットフォーム、カリキュラムや教材などのプロバイダーであり、その性能と利用者数の多さを認めたeDynamic Learning社との提携によって、他社が開発したコースを提供することが可能になった。

【企業サイト】Edgenuity Inc.
【企業サイト】eDynamic Learning

広告 

PAGE TOP