【日本】人工知能で産学連携のマッチングを実現

日本の株式会社キャンパスクリエイトは、株式会社電算が提供する、人工知能ナレッジマネジメントシステム “SmartKMS” を導入したを発表した。これにより、同社が取り組んでいる、産学連携のマッチング業務において、組織内外の効果的なナレッジ探索ができるようになった。

産学連携
campuscreate

株式会社キャンパスクリエイトは、技術ニーズを持つ企業と、技術シーズを持つ大学研究者を、全国から探索・マッチングする、産学連携マッチング業務を実施している企業だ。同社は今回、人工知能ナレッジマネジメントシステムを導入したことで、技術調査・研究資料などの文書を、ファイルの中身も含めて、横断的に検索することが可能になった。

また、同社ではかつて、産学官連携コーディネータが、自ら情報を収集し、目利きとネットワークによりマッチングを行っていたため、最新の情報を追いきれない、作業に手間と時間がかかるなどの、課題を抱えていた。そこで本システムでは、産学連携のマッチングに適した、独自のデータセットを構築することで、効率的な検索を実現している。

他にも、本システムには、産学官連携コーディネータが目利きした情報に対して、人工知能が、関連性の高い他の情報を推薦するという、レコメンド機能も搭載されている。株式会社キャンパスクリエイトは、本システムを活用し、更なる産学連携の振興に取り組んでいくとしている。

【企業サイト】株式会社キャンパスクリエイト

広告 

PAGE TOP