【日本】教員のためのオンライン学習

日本の株式会社Findアクティブラーナーでは、教員のスキルアップを支援する、オンライン学習サイト “Find!アクティブラーナー学校導入版” の提供を行っている。同社は今回、教育現場において、働き方改革への取り組みが加速していることで、本サービスの導入が、4ヶ月のうちに5倍に増えたことを発表した。

アクティブラーニング
find-activelearning

“Find!アクティブラーナー学校導入版” は、新学習指導要領に向けた研修や、わかりやすい話術、見やすい板書術などを学ぶことができる、オンライン学習サイトだ。本サービスを利用することで、教員は、空いた時間に、動画の視聴やテキストを通して、より授業を良くするためのスキルアップを、実現することが可能になる。

現在、日本の教員の法定労働時間は、年間1891時間で、世界で最も勤務時間が長い国であるとされている。このため、教員がスキルアップを必要としていても、業務スケジュールの都合で、時間を確保できないことが多く、研修参加への大きな妨げとなっているのが現状だ。そこで、多忙な中でも、隙間時間を活用した研修として、本サービスが注目されている。

他にも、教員が研修に参加できていない理由としては、費用の高さや、雇用者からの支援不足が要因となっているという。株式会社Findアクティブラーナーは、学び方が変われば未来が変わるをコンセプトに、本サービスの運営を行っている企業。

【企業サイト】Find!アクティブラーナー学校導入版

広告 

PAGE TOP