【アメリカ】学習評価テクノロジー部門で金賞

アメリカの New England College of Business(NECB)は、Brandon Hall Group による教育テクノロジーに対する歴史ある賞を受賞したことを発表。教育テクノロジーのテストや学習評価部門における、“Best Advance in Technology for Testing or Learning Evaluation” 金賞を、同大は受賞した。

オンライン
NECB

“Best Advance in Technology for Testing or Learning Evaluation” において、学習者へのテストや学習評価、学習者が単に何を知っているかではなく何ができるかを、AIを利用して評価するテクノロジーにおいて、同校が優れていると認められた。同大は、評価システム開発のスタートアップ企業である Authess 社と提携している、銀行業についてのコースが受賞対象となった。

Authess 社は、コースに合わせた評価ツールを開発し、銀行業において必要なコミュニケーション能力や問題を特定する能力などのソフトスキル教育における評価が可能になったという。機械学習とデータ分析によって、学生の批判的な思考力やEQ 能力を測定することにおける、はっきりとした改善が認められた。今回の成功を見て、同校ではより多くのコースに、このテクノロジーを採用することを考えている。

2017年の受賞は24業種、15か国にわたる数百社から選ばれている。同校は、2014年にeラーニングチーム、2016年に人材管理プログラムのゲーミフィケーションで、同賞を受賞しており、この4年間で3回目の受賞となる。

【大学サイト】New England College of Business(NECB)

広告 

PAGE TOP