【日本】エアろくろ回しで伝統工芸を疑似体験

日本の一般社団法人 WAZAtoBA は、センサー上で手をかざすことで、陶器の 3D データを作成できる、バーチャルろくろシステム “Roquro” の提供を開始した。本サービスは、一般社団法人 WAZAtoBA と、3Day プリンターが協同で運営を行っている。

ICT
roquro

“Roquro” は、実際のろくろで造形しているように、手を動かすことで、画面上で器が作れるサービスだ。本サービスで作成した3Dデータは、そのまま3Dプリンターで出力することも、可能となっている。また、簡単な操作だけで作成できるため、子供に陶器作りを仮想体験させる、といった活用もできる。

本サービスは既に、福島県の中学校などで、ICT教育として導入が行われている。そして、今後は、センサーを強化して、より繊細なタッチを認識できるようにしつつ、機械学習により、職人の技術データを蓄積することで、後継者の育成や、新しい技法の発見に貢献していくという。

本サービスの費用は、利用者の予算・目的に応じて提案しているとのこと。一般社団法人WAZAtoBA は、日本の技を見出し、適切な場所に届け、コーディネートするという、技と場をつなげるための活動を行っている社団法人だ。

【サービスサイト】バーチャルろくろシステム「Roquro」

広告 

PAGE TOP