【日本】2018年、コミュニケーションスキルの重要性

日本の株式会社JTBコミュニケーションデザインは、コミュニケーションに対する、人々の満足度やその要因を分析するために、“コミュニケーション総合調査” を実施し、第1報となる調査結果を発表した。今回の発表は、2017年の満足度と、2018年への期待について、まとめたものとなっている。

人材育成
Jtb-com

“コミュニケーション総合調査” は、コミュニケーションの手段や満足度について、アンケートを実施することにより、企業などの組織における、コミュニケーションに関する取り組みを、支援するためのものだ。特に、現代社会においては、「表現力」「聞く力」「雑談力」といったコミュニケーションスキルが重要であるだけでなく、変化していく環境にあわせて、常にスキルをアップデートしていくことが、求められているという。

本調査の結果、2017年は楽しくコミュニケーションがとれたか、という質問に対して、全体の55%が、楽しくとれたと回答している一方、会社員だけが、他の層に比べて満足度が低いことがわかった。そして、2018年の希望については、リアルなコミュニケーションを大事にしたい、という回答が最も多く、人前での発表力などの、リアルならではのスキルを伸ばしたい、という声も多数寄せられた。

株式会社JTBコミュニケーションデザインは、様々なコミュニケーションサービスを提供している企業。同社は、今回の調査結果について、満足感を持って毎日を送るためには、リアルのつながりを意識し、スキルを維持・向上させることが、必要であるとまとめている。

【企業サイト】株式会社JTBコミュニケーションデザイン

広告 

PAGE TOP