【アメリカ・日本】大学から社会へ-就職を考える

大学教育から就職にどのようにつなげていくか【アメリカ】大学が企業と学生の接点を作る(ベントレー大学)、中退者の減少や就職支援を目指す【日本】専門家と大学中退の相談ができるチャットサービス(株式会社ジェイック)、インターン制度の利用の状況を見る【日本】大学生のインターン意識調査(株式会社トモノカイ)、3記事を掲載。

シリーズ
Bentley

【アメリカ】大学が企業と学生の接点を作る

◆アメリカのベントレー大学は、大学など高等教育機関を対象とする専門的なオンラインマガジン・教育ネットワークと共に “The Future of Work: The Path from College to Career(将来の仕事:大学からキャリアへの進路)” というイベントを開催。現在の企業状況の変化、大学は何をすべきか、キャリアで成功するにはなどをテーマとする。◆

“The Future of Work: The Path from College to Career” は、未来の労働人口を準備していくために、大学と企業はどのように協力していくべきかを考えていくためのイベントである。イベントは同大学のキャンパスで行われ、大学当局、企業の管理職、学生が参加する。

9割以上の学生が、就職で有利になることを目的として大学に行くが、企業が求めるスキルと、学生が大学で学ぶスキルとは一致していないという。企業は、新しいソフトウェア開発やデータ分析などの IT スキルとコミュニケーションやコラボレーション能力といった従来のスキル、両方を持ち合わせた社員を望んでいる。現在はまだ存在していないような職に対する準備さえ、これからの学生には必要である。

ベントレー大学は、ビジネス、テクノロジー、リベラルアーツに重点をおく、全米でも評価の高い大学である。キャリア教育やインターンシップなど就職指導も充実している。

【企業サイト】Bentley University

 
 

JAIC

【日本】専門家と大学中退の相談ができるチャットサービス

◆日本の株式会社ジェイックは、特定非営利活動法人NEWVERYと共同で、大学・大学院中退を迷っている学生を対象にした、チャットサービス “大学中退相談コンシェルジュ(仮称)” の提供を発表した。本サービスは、2018年春より開始予定である。◆

“大学中退相談コンシェルジュ” は、大学の中退に関する悩みを、専門相談員にチャットで相談することができる、業界初のサービスだ。本サービスでは、相談者の必要に応じて、対面カウンセリングを受けることも可能なため、遠隔と対面の両方から、学生一人ひとりに合わせたアドバイスが、実現可能となっている。

現在、大学の中退者数は、年間7万人を超えるとされており、中退者の多くが、専門家に相談することなく、退学を決めているという。そこで、大学中退者の就職支援を行う、株式会社ジェイックと、中退予防コンサルティング事業に取り組む、特定非営利活動法人NEWVERYが、気軽に相談できる機会を提供することで、適切でない大学中退者の減少を目指していく。

株式会社ジェイックは、フリーターや第二新卒、新卒学生を対象にした、就職支援事業を行っている企業だ。また、同社が提供する、大学中退者の就職活動支援サービス “セカンドカレッジ” では、140名を超える大学中退者に、携わってきた実績を持っている。

【企業サイト】株式会社ジェイック

 
 

t-news

【日本】大学生のインターン意識調査

◆日本の株式会社トモノカイは、インターン制度を実施している企業や団体に向けて “インターンに関する意識調査” を行い、その結果を公開した。同社が運営する大学生総合情報サイト “t-news” 会員などの現役大学生を対象に、インターネットアンケートにより行われた。◆

“インターンに関する意識調査” の結果によると、有効回答229人のうち約7割が、インターンに興味はあるが経験がないと回答した。そして全体を見ると、2年生から4年生へとインターン経験は増加していくが、4年生でも実際の経験者は約2割に過ぎない。

その一方で、東京大学、早稲田大学、慶応大学では、1年生での関心が100%と高い。周りでインターンをしている人が増え始める3年生になると44%がインターン経験ありと回答している。また、インターンに興味がある理由として最も多かったのが、企業への就職活動というよりは社会経験を積みたいというものだった。さらに、その際に学生が必要とする情報には、業務内容、雰囲気、勤務時間などの回答が寄せられている。

株式会社トモノカイは、家庭教師派遣、講師派遣、教育サイト運営などを行う。 “t-news” は、登録会員数13万人、学生生活から就職活動まで幅広く情報を提供。

【企業サイト】株式会社トモノカイ

広告 

PAGE TOP