【日本】新しい人材教育の必要性

新しい技術、スキル、認証などが登場すると、そのための人材教育が早急に必要となる。【日本】操縦から画像解析まで学べるドローンスクール(テラドローン株式会社)、【日本】オンライン大学でAI人材の育成が始まる(ソフトバンクグループ株式会社)、【日本】eラーニングで GAP 指導者の育成を支援(NECソリューションイノベータ株式会社)、3記事を掲載。

シリーズ
Terra Mapper

【日本】操縦から画像解析まで学べるドローンスクール

◆日本のテラドローン株式会社は、一般社団法人ドローン大学校が、ドローン用の画像処理・解析ソフトウェア “Terra Mapper” における、国内初の認定校となったことを発表した。これにより、建設や測量を始めとした、様々な業界で活躍できる、人材の育成に取り組む。◆

“Terra Mapper” は、ドローンで取得したデータを解析し、情報を三次元化することで、土木測量や物流、災害救援など、様々な場面での活用が可能なサービスだ。今回、一般社団法人ドローン大学校では、本サービスをカリキュラムに取り入れることにより、テラドローン株式会社が認定する、“Terra Mapper 認定技術士” の資格取得を目指す。

また、“Terra Mapper 認定技術士” は、ドローンの操縦経歴が10時間以上あり、航空法などの安全知識を有していれば、受講することが可能だ。同社は、ドローンの操縦技術だけでなく、ドローン撮影した画像を、解析する技術を身に付けることで、仕事の幅を広げられるという。

一般社団法人ドローン大学校は、東京と名古屋にキャンパスを備える、ドローン専門のビジネススクールだ。同校では、徹底した実技実習と、レベルの高い学科講義により、これまでにも多数のドローン起業家を輩出している。

【ソフトウェアサイト】Terra Mapper

 
 

Cyber University

【日本】オンライン大学でAI人材の育成が始まる

◆日本のソフトバンクグループ株式会社が設立した、サイバー大学は、AIを用いた様々な課題解決について学ぶことができる、“AIテクノロジープログラム” を、IT総合学部に新設することを発表した。サイバー大学は、全ての授業をインターネットで行う、通信制大学である。◆

新設する “AIテクノロジープログラム” は、コンピュータサイエンスや数学の基礎をベースに、AI人材に必要な知識とスキルを、学習することができるプログラムだ。これにより、今後急増すると考えられている、先端IT人材のニーズに応えられるよう、社会人の学び直し支援を含めた、人材の育成を目指す。

同校では、新設に伴って、AI入門、そして、Pythonプログラミング演習の2科目を、2017年度秋学期から新規開講している。さらに、2018年度秋学期以降には、AIアルゴリズム基礎や、AIプログラミングなどの、関連科目も開講予定だ。また、AIテクノロジープログラムでは、AIのスキルや理論だけでなく、具体的な社会課題やビジネス課題に対して、AIを適用する力を身に付けることが可能となっている。

サイバー大学では今後も、ITを活用した、革新的な教育ソリューションを提供することで、学習機会の創出や、人材開発の支援に努めていくとしている。

【大学サイト】サイバー大学

 
 

NEC GAP

【日本】eラーニングで GAP 指導者の育成を支援

日本の NECソリューションイノベータ株式会社は、GAP(Good Agricultural Practice-農業生産工程管理)指導者育成を支援する、eラーニングサービス “タブレットで学べる指導者のための GAP の基本と実践” の、提供を発表。これにより、紙媒体や講習会以外に、学ぶ手段が無かった GAP について、効率的な学習を進めることが可能になる。

“タブレットで学べる指導者のための GAP の基本と実践” は、GAP 指導者を目指す人や指導機関を対象として、学習すべき基本的な制度と実践的な内容について、パソコンやタブレットで学ぶeラーニングサービスだ。本サービスでは、学習後のテスト結果から、習得状況の確認ができるため、自分のペースで復習をすることができる。

また、本サービスでは、世界のGAP 基準や、農林水産省発行のガイドラインを踏まえた、学習コンテンツを採用しており、GAP 認証取得に向けた知識習得が可能となっている。価格は、学習者一人あたり月額400円で、サービスの利用には法人契約が必要だ。

NECソリューションイノベータ株式会社は、ネットワークやクラウド、セキュリティなどに関する、幅広いソリューションを提供、本サービスについては、提供開始後1年間で、学習者1万人の利用を目指していくとしている。

【サービスサイト】NEC GAP認証支援サービス

広告 

PAGE TOP