【ピックアップ情報コーナー 2017.11.6】

【日本】最先端技術と未来の教育を考えるフォーラム(デジタルハリウッド株式会社)、【日本】大学入試改革に向けたキャリア支援サイト(株式会社Coach For All)、【日本】音楽授業での楽器指導にデジタル教材(ヤマハ株式会社)、【日本】はじめての英語から英検合格指導までオンラインコース(株式会社スリーピース)、4記事を掲載。

ピックアップ
Augmented Human

【日本】最先端技術と未来の教育を考えるフォーラム

◆日本のデジタルハリウッド株式会社は、教育や人事、ITの従事者を対象に、“近未来教育フォーラム2017 Augmented Human -人間拡張への序曲-” と題したフォーラムを開催する。また、当日には、同社の研究成果を発表する、“デジタルハリウッド大学 メディアサイエンス研究所研究発表” も、同時に開催される。◆

“近未来教育フォーラム2017 Augmented Human -人間拡張への序曲-” の基調講演には、自在化技術・身体情報学の研究者であり、光学迷彩、触覚拡張装置、動体視力増強装置などの開発でも知られる、東京大学先端科学技術研究センターの稲見昌彦教授を迎える。基調講演では、“自在化身体:身体の未来を展望する”というテーマで、社会構造変化に対応可能な、新たな身体像について講演する。

続くセッションでは、テクノロジー、コラボレーション、アカデミーの三つのトラックで、それぞれ講演が行われる。アカデミーのトラックでは、“認証評価第3ステージにおける大学評価システムの本質”と、“デジタルハリウッド教材導入校の本音” をテーマに、これからの教育について考えを深める。

本フォーラムは、デジタルハリウッド大学大学院の駿河台キャンパスにて、11月16日(木)に開催。参加費は無料で、11月13日(月)までの申込みが必要だ。デジタルハリウッド株式会社は、大学・大学院・専門スクールの運営や、eラーニングによる通信講座を手がける。

【フォーラムサイト】『近未来教育フォーラム2017 Augmented Human -人間拡張への序曲-』

 
 

coachforall

【日本】大学入試改革に向けたキャリア支援サイト

◆日本の株式会社Coach For Allは、2020年の大学入試改革を控える中高生向けに、キャリア支援プラットホーム “Coach For All” を開設。本サイトの特徴は、答えを暗記するだけの学習ではなく、自ら問いを生み出すことで、課題発見解決力を身につけることができる点だ。◆

“Coach For All” は、国際や医療・福祉などの、日常知のテーマ16個に関する、それぞれのコンテンツを閲覧することで、新たに生まれた疑問から、問いを立てる力を身につけることができるサイトだ。利用者は、コンテンツを通して問いを立てることにより、その問いに対するレスポンスを、社会人や中高生から受け取ることができ、さらなる疑問の追求につなげられるようになる。

コンテンツには、なぜ日本の水は安全なのか、なぜイスラム教徒は豚を食べないのか、などの疑問について書かれた社会的なものから、なぜカープ女子は増えたのか、といったユニークなものまで、様々な記事が掲載されている。さらに、利用者は、自らの閲覧履歴を確認し、自分の向いている学問を把握することができるため、進路選択や、志望理由を考えるうえで、役立てることも可能だ。

株式会社Coach For Allは、教育プラットフォームの運営と、AIの開発による、平等な教育環境の実現を目指す企業である。同社は、人工知能を活用した、AIコーチの開発も行っており、同機能を年明けに実装する予定であるとしている。

【サービスサイト】2020年入試改革後のキャリア支援サイト Coach For All

 
 

altorecorder

【日本】音楽授業での楽器指導にデジタル教材

◆日本のヤマハ株式会社は、学校での音楽授業用のデジタル音楽教材 “アルトリコーダー授業” を、2017年10月23日より発売している。これは、アルトリコーダーの授業で、生徒の個別学習、協働学習、一斉学習という授業形態のいずれにも対応する授業を可能にする。◆

小中学校での音楽授業における楽器指導は、指導者の技術や生徒の能力差などから、これまでは、一人一人にきめ細かい対応が難しかった。しかし、この“アルトリコーダー授業” を使用すれば、デジタル教材の利点を活かした効果的な指導、生徒個人個人の練習、指導者が各生徒を指導する時間ができる。

この教材には、“テンポ変更機能”、“リピート機能”、“伴奏機能”、“楽譜連動の運指表示機能” が付いていて、生徒がそれぞれの機能を使って自分に合わせた練習を行える。また、収録されている30の楽曲は、生徒が楽しみながら練習できるように、教科書の曲から人気の曲まで幅広い選曲だ。

リコーダー演奏のプロによる本格的な指導動画も多数用意されており、一つ一つの動画は短く、授業で使用しやすい。そして、“授業モデル” や “ワークシート” も準備され、デジタル機器が苦手な指導者も、安心して導入できる。同社 “Smart Education System” の新商品。同社サイトで体験が可能である。

【オンライン体験版サイト】ヤマハデジタル音楽教材 アルトリコーダー授業
 
 

GNANET

【日本】はじめての英語から英検合格指導までオンラインコース

◆日本の株式会社スリーピースは、Skype(無料通話ソフト・スカイプ)を使った子どもから大学受験生までを対象とする、オンライン英会話サイト “ENC/GNA” を、2017年10月6日よりオープンした。聞く・話すを含め、英語の4技能をしっかり教育していく2コースを提供する。◆

1つのコースは、3歳からの児童を対象とした “はじめてのこども英会話コース” で、英語に興味を持ってもらうために、イラストやゲームを使って楽しみながら英語を勉強する。同社の、子ども対象レッスンは、学習塾や英会話教室の授業においても活用されているという。

もう1つは、幼児から18歳受験生までを象とする “英検合格するまでしっかりサポートコース” である。大学入試改革によって、英検などの英語資格試験が必要となると考えられ、その対策となるコースだ。最初にオンラインでスカイプを使って会話力をテストし、豊富な教材の中から生徒一人ひとりの実力に合ったカリキュラムを作成して、指導していく。

また、英検コースでは、1次試験合格者には2次試験対策を、不合格者にもその後の1次試験合格までしっかりサポートするという。小学2年で英検2級合格者も学コースである。

【コースサイト】通信教育講座 オンライン英会話ENC/GNA

広告 

PAGE TOP