【アメリカ】看護における継続教育をオンラインで

アメリカのオンライン教育サイト“RN Best Practice”は、同サイトにおいて、医療分野における継続教育を、介護を仕事とする人々を対象に無料で提供することを発表。オンラインでの学習のレベルは高く、学習後に試験を受けて単位を修得することもできるという。

オンライン
RNBestPractice

“RN Best Practice”の目的は、有資格の看護師など患者に対するケアに従事するスタッフに対して、ベストプラクティスを広めることにある。看護師などが、患者により質の高いケアを提供するために、患者を中心に考える知識やスキルを開発する機会を与える。オンライン教育は、同サイトに登録して利用する。

現在、同サイトでは、学習項目として、皮膚の清浄や血栓塞栓症、栄養不足、呼吸器系の問題などのモジュールがアップされている。それぞれの学習は6時間であり、無料、継続教育の単位と修了書を修得できる。どの学習項目も、マルチメディア教材からなり、学習後には試験を受けて評価を得て、単位修得が認められる。

同サイトで学習する看護師は、同教育の学習項目は、常に最新の情報が入っていて、看護部門の知識や技術を新しくしていくことができると、教育内容を評価している。また、学ぶことでスキルアップし、日常の患者のケアに活かしているとも語っている。

【教育サイト】RN Best Practice

広告 

PAGE TOP