【ピックアップ情報コーナー 2017.10.3】

【ノルウェー】ゲームベースの学習プラットフォームに新アプリ(Kahoot! 社)、【日本】eラーニングでカラーアナリスト資格対策講座(NPO法人日本カラーアートセラピー協会)、【日本】人工知能がプロ野球の勝敗を予測(株式会社グラッドキューブ)、【日本】鉄道業界の英語応対eラーニング教材(株式会社旺文社)、4記事を掲載。

ピックアップ
Kahoot

【ノルウェー】ゲームベースの学習プラットフォームに新アプリ

◆ノルウェーのKahoot!社が、ゲームベースの学校用学習プラットフォーム “Kahoot!” の新しいアプリとしてiOSとAndroid向けに “Kahoot!” の提供を開始した。このフリーアプリによって、教師は授業後にゲームチャレンジとして宿題を配信、児童や生徒は授業内容を楽しく復習することができるという。◆

“Kahoot!” では、教師が放課後に宿題を配信、児童や生徒は一人で、また友人たちと、都合のよい時間・場所で、宿題をゲームプレイすることができる。モバイル端末に時間を使い過ぎる生徒にとっても、ゲーミフィケーションによって教室外でも授業の復習をする機会を与えることができる。アメリカの教師580人に行った最新調査では、10人中9人の教師が授業内で教えた内容の復習を、このアプリを使って行ったと回答。そして、従来の学習方法よりもアプリでの学習のほうが効果的であることを分かったという。

同アプリの使用は、学校に限定されていない。誰もがアプリをダウンロードして、一人でも複数でもプレイ可能なゲームとして、様々なトピックをクイズなどで楽しく学ぶことができる。ゲームのトピックは歴史、ポップカルチャー、地理学、数学など幅広い。

Kahoot!社は、オスロ、ロンドン、オースティンにオフィスをもつグローバル会社。学習者が楽しく夢中になって、他の学習者と共に学ぶことができるソーシャルラーニング環境を作るプラットフォームを提供。

【企業サイト】Kahoot!

 
 

CAT

【日本】eラーニングでカラーアナリスト資格対策講座

◆日本のNPO法人日本カラーアートセラピー協会は、カラーアナリストの資格を目指す人のために、ムービーレッスン “カラーアナリスト養成資格取得講座” を、オンデマンド受講サービスを開始した。これは、同協会の “カラーアナリスト・講師養成講座1日(5時間半)” を、eラーニングで提供するものだ。◆

カラーアナリストとは、カラーセラピーの知識を基に、クライアントの心理行動判断などを行い目標達成に向けて今必要な色彩をアドバイスする仕事だ。このオンライン講座では、色の持つ意味やカラー成分分析を使用した性格行動分析ができるようになる。各レッスンは15分以下なので、働く社会人でもスキマ時間を利用して学習が可能だ。

この資格は、学校や福祉施設の職員、看護師などの医療関係者や、エステティシャンなどの美容関係者、また企業内でのメンタルヘルス担当者など、カウンセリングの知識が必要な仕事に活かすことができるという。

講座は、パソコン版とスマホ・タブレット版の2種類が提供されており、どちらも体験レッスン受講が可能。講座終了後に審査を受けて合格して、NPO法人日本カラーアートセラピー協会正会員登録をすることで、認定カラーアナリストの資格が発行される。

【講座サイト】カラーアナリスト養成資格取得講座
 
 

Sapia

【日本】人工知能がプロ野球の勝敗を予測

◆日本の株式会社グラッドキューブは、スマートフォン向けスポーツデータ解析アプリ “SPAIA” の配信を開始した。本アプリを利用することで、プロ野球の一球予測や、各試合の勝敗予測を、知ることができるようになる。◆

“SPAIA” は、AIとデータ解析によって、スポーツ観戦をより楽しめるようにするアプリだ。本アプリでは、試合予測の他にも、シーズンオフでも楽しめるコンテンツとして、国内外のスポーツに特化した、オリジナルのコラム記事や、選手への取材記事の配信も行う。

既にウェブ版をリリースしている “SPAIA” だが、今回、アプリ版をリリースしたことにより、プッシュ通知などを利用した、リアルタイム性に富んだデータ配信を実現している。さらに、今後は、サッカーやバスケットボールなどの、全スポーツを対象に展開していく予定だ。

本アプリは無料で利用可能となっており、iOSとAndroidの両方に対応している。株式会社グラッドキューブは、AIを活用したサービスの提供や、広告運用代行、ウェブサイトの制作などを手がける企業である。

【関連サイト】SPAIAウェブサイト

 
 

CocomanaR

【日本】鉄道業界の英語応対eラーニング教材

◆日本の株式会社旺文社は、鉄道業界で働く人のためのeラーニング教材 “とにかくひとこと英語応対講座-鉄道コース-” を2017年9月11日より販売開始した。これは、訪日外国人の増加に合わせて必要性が高まっている、鉄道の現場における業務や接客に必要な英語の学習を支援するためのものだ。◆

“とにかくひとこと英語応対講座-鉄道コース-” の特徴は、動画や音声認識エンジンを使用した学習メゾットで、鉄道業界に特化した単語350語などの実践的な英語を学べる点だ。動画のシチュエーションに対する自分の応対の発音が自動で採点され、相手にどのように聞こえるかイメージができる。また、アダプティブラーニングシステムによって、学習者の弱点に応じた問題が出題され、効果的な学習につながる。

さらに、管理機能が付いているので法人の教育担当者は、受講者の学習進度を把握できる。また、各パートは約5分で1日約25分のカリキュラム、標準学習期間は4カ月設定であり、忙しい社会人にも受講しやすい。

またこのサービスは、英語応対能力検定の公認教材で、“販売コース”、“飲食コース” に続くシリーズ第3弾だ。今回の “鉄道コース” の基本価格は税別11000円、初期設定費用は1社あたり30000円になっている。

【コースサイトサイト】ココマナサイト

広告 

PAGE TOP