【日本】人の幸せを重視する企業のための会が発足

日本の、人を大切にする経営学会は、坂本光司教授のベストセラー書籍“日本でいちばん大切にしたい会社”をもとに始まった、“日本でいちばん大切にしたい会社大賞”による、受賞企業の会を発足した。ならびに、受賞企業の会の設立総会を、如水会館にて開催した。

人材育成
taisetu-taisyo

人を大切にする経営学会は、活力に満ち満ちた企業や社会にするために、人の幸せを重視した経営の理論化・体系化を研究する、という目的によって設立された団体だ。同団体では、2011年より毎年、“日本でいちばん大切にしたい会社大賞”の審査・表彰を行ってきた。そして今回、受賞企業が年に一度、一同に会すことで、企業が賞に相応しい会社であり続けられるよう、努力するための会である、受賞企業の会の発足に至った。

“日本でいちばん大切にしたい会社大賞”は、人員整理を目的とした解雇や退職勧奨をしていないこと、仕入先企業へのコストダウンを強制していないこと、などの五つの条件を全て満たしたうえで、現地ヒアリング調査を含めた、厳しい審査によって選ばれる賞であり、第7回までに80社が受賞している。

そして、現在は、“日本でいちばん大切にしたい会社大賞”の第8回の応募企業を、自薦・他薦を問わず、2017年11月6日まで募集している。また、受賞企業の会では今後、受賞した会社を訪問して、お互いに勉強をしていく予定となっている。

【大賞サイト】「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞
【学会サイト】人を大切にする経営学会

広告 

PAGE TOP