【日本】エンジニア育成サービスで人材不足に対応

日本の株式会社GOOYAは、エンジニアになりたい人やエンジニア探しをしている企業向けに、エンジニア育成のためのサービス“GOOYA TECH DOJO FUKUOKA”を、2017年8月17日より福岡県で開始した。これは、地域における将来のエンジニア不足解消に貢献するための取り組みだ。

人材育成
Gooya

株式会社GOOYAの “GOOYA TECH DOJO FUKUOKA”サービスは、エンジニア希望者が単なる知識を学ぶのみならず、GOOYA福岡支社での実践的なな経験ができる点が特徴だ。同社が2014年5月から運営しているエンジニア教育カリキュラムは、LPI-Japanのアカデミック認定を受けている。

同サービスでは、サーバやネットワーク機器、国内主要メーカーのスマートフォン全機種を備えた同社環境で、実際にスマートフォンアプリ検証やソフトウェア品質向上という技術を学び、コミュニケーション能力を習得する。

さらに、研修を通じて受講者それぞれの具体的なキャリアプランを立てられるので、若年層エンジニアの定着とスキルを持ち長期的にICT業界で活躍する人材の育成が考えられる。これにより、大手Web企業の地方進出に伴う人材不足に対応する雇用の創出にもつながることを目指している。

【企業サイト】株式会社GOOYA

広告 

PAGE TOP