【アメリカ】アンビエントコンピューティングとIoTのオンライン教育

アメリカのカリフォルニア大学アーバイン校は、オンラインの生涯教育コースに、“Ambient Computing and the Internet of Things: Applications and Opportunities (アンビエントコンピューティングとIoTプログラム:アプリケーションと市場機会)”の新設を発表。プログラムでは、テクノロジーにおける次の重要な変化に伴い増加する求人に応じることができる知識とスキルを習得する。

オンライン

【アメリカ】アンビエントコンピューティングとIoTの生涯学習プログラム

UCI

この“Ambient Computing and Internet of Things ”プログラムは、実務能力を高めるためにアンビエントコンピューティングとIoTの基礎的知識を身につけたい、キャリアの選択肢を増やしたいと考える志望者や、アンビエントコンピューティングとIoTのアプリについて興味をもつ技術者を対象にしている。

受講者は、新しい接続デバイスを開発するために用いられるツール、技術、プラットフォーム、言語プラットフォームを学んでいく。スマートネットワークデバイスやウェアラブルコンピューティング、AR(拡張現実)、MR(複合現実)などのトピックが、コースワークに含まれている。学習後、受講者は自分で、独自のアンビエントやIoTのデバイスのためのアイデアを考えることになる。このプログラムは、今秋9月に開始予定。

カリフォルニア大学アーバイン校の生涯教育コースセンターは、世界中の成人学習者に生涯学習をサポートしている。同校プラットフォームを通して学位プログラムを、無料プログラムをMOOCsに提供している。同大は、州立大学の名門校であり理系の研究で有名。

【生涯教育サイト】UC Division of Continuing Education

広告 

PAGE TOP