【アメリカ】赤十字提供の猫・犬の応急処置オンラインコース

アメリカ赤十字は、100年以上に渡って、人々の命を救う応急処置の研修を行ってきた。赤十字はこのほど、猫と犬のための応急処置オンラインコースを始め、緊急時において、獣医の医療を受けるまでに、飼い主が何をすべきかを伝える。

オンライン
RedCross

赤十字が提供するコースは、飼い主やペットシッターやドッグウォーカーに、ペットの命を救う方法を、わかりやすく便利なオンラインという方法で教えるものだ。ペットの生命を脅かすような緊急時に、何をすべきか知っていることは重要だ。PCやタブレットから同コースにアクセスして、自分のペースで学習することになる。コースは全体で30分ほどだ。学習者は、自由に止めたりトピックを選んだりできる。

コースは、ペットの正常なバイタルサイン(血圧、心拍数、呼吸、意識など)を知っておき、異常に気付くことを教える。また、ペットが窒息しそうなとき、心肺蘇生法が必要なとき、怪我をしたとき、発作を起こしたときなどに、何をすべきかについて、視覚教材も使って段階的に説明する。さらに、予防治療や健康、ペットの健康状態を保つためのヒントなども含まれている。

コースの内容を補足する “Pet First Aid”というアプリも赤十字は提供、無料でダウンロード可能だ。飼い主は、アプリを使って、専門家のアドバイスや、動物病院の場所、ペット可のホテル、家族の緊急時プランにペットのことをどのように組み込むかなどの内容にアクセスできる。

【コースサイト】Cat and Dog First Aid Online Course

広告 

PAGE TOP