【日本】学校対象インターネットリテラシー講演事業拡大

日本のアディッシュ株式会社スクールガーディアン事業部は、インターネットの規制ではなく、安全に活用する力を育成するために、学校でのインターネットリテラシー講演事業を拡大していくことを発表。

ICT
adish

日本のアディッシュ株式会社スクールガーディアン事業部は、同社のネットパトロールを導入している学校に対して、インターネットリテラシー講演事業を行ってきた。スマホ所持率の低年齢化が進み、ネット上での犯罪の多発する現在、その必要性をより感じている。

同社の講演は、インターネットに携わり、ネットパトロールの結果を知っている企業だからこそ可能な内容を、講演で伝えることができる。インターネットやソーシャルメディアについて活用方法と同時に、個人情報の流出、課金、著作権や肖像権などの問題についても教えていく。受講する生徒たちの流行や現在起こっている事例を入れることで、生徒の興味も増すという。学校にとっては、同社に講演を依頼することで、ネットリテラシー授業のための準備やコンテンツ作成の作業がなくなる。

同社は、各校のインターネット利用状況やルール、問題点などを事前ヒアリングして、講演内容を作成している。講演は単発でも複数回でも可能であり、複数回の場合は、座学だけではなく、ワークショップを組み込むこともできる。

【企業サイト】アディッシュ株式会社

広告 

PAGE TOP