【日本】Pholly(フォリー)にアンケート機能追加、就職支援をバックアップ

Qureを運営するMogic株式会社は、クラウドeポートフォリオサービス“Pholly(フォリー)”に、講義の評価や就活セミナーでの反応をリアルタイムに確認できる、アンケート機能の追加を発表した。

Pholly
pholly_170808

Mogic株式会社が開発する“Pholly”は、PCはもちろんスマホ、タブレットでもドラッグ&ドロップの簡単操作で、ファイルをアップロードができるクラウドeポートフォリオサービスである。

学生が教員や教務課へのレポートを提出する、エントリーシートをアップして就職支援課に添削してもらうなど、大学などの教育機関での情報共有に特化したサービスだ。大学の就職支援センターは、キャリア形成のセミナーを開き、学生に有責な情報を発信するとともに、各学生への個人指導を重ねフィードバックしていく。この双方向のコミュニケーションには、“Pholly”のようなITの活用が欠かせない。

就活において、学生は、自分の強みや弱みを把握し、アピールすることが必要であるが、そのどちらにも、デジタルファイルで自分のこれまでを一元管が理できるポートフォリオサービスが重要となる。学生が、何を学び何をしてきたかを洗い出し、その情報を “Pholly”によって就職担当者と共有することで、教育機関はより実効性のある就職活動支援の提供につなげることができる。

“Pholly”は、100名までなら月額2万円(税別)で、ファイルの提出やアンケートなど基本機能を利用できる。また、先着5校(就職活動支援の用途に限る)で、3ヶ月無料トライアルキャンペーンを実施中。今後も、留学生や海外の大学への展開も含めたバージョンアップを予定。

【サービスサイト】Pholly
【関連サイト】Pholly徹底活用術
【関連サイト】ポートフォリオのハウツーガイド

広告 

PAGE TOP