【シリーズ】アメリカ キャリア設計をサポートするツール

就職活動を始める前に、自分の強み・弱みを理解し、何が自分に向いているか、何ができるかを考えるため、自己分析を手軽に行うことができるオンラインサービスが開発されている。他社との差別化をどのように計るか、【アメリカ】3段階の自己分析ツール(Ucipher社)、【アメリカ】自己分析でキャリアから趣味まで(CPP, Inc.)の2記事を掲載。

オンライン

【アメリカ】3段階の自己分析ツール

UCipher

◆アメリカのUcipher社は、同社の自己分析ツール“UCipher”に、学生や企業経験が浅い若者を対象とする新しいシリーズを導入したことを発表。このシリーズでは、多面的な自己分析が行われ、自分の強み・弱みについて深い理解を得ることができる。同社は、コーチングやリーダー養成などで世界的に有名なTAI.Inc.社を親会社として、自己分析サービスを開発提供。◆

アメリカのUcipher社が“UCipher”に導入した新しい自己分析ツールは、対象を生徒や学生、経験年数の少ない若い社会人として、キャリア目標を明確にして、自己の強みを活かすことのできる専門やキャリアを見つけることをサポートする。このツールは、個人のポテンシャルを見つける“UCipher Scholar”、個人として成長して就職に対して準備する“UCipher Graduate”、自信をもって自分のキャリアを考えていく“UCipher Career”と、3つのコンテンツで構成されている。“UCipher Scholar”では、12ページにも及ぶ各々の個人分析レポートを受け取るという。

同社は、個人の結果をもとにして、専門のコーチングスタッフによるカウンセリングも提供、個人分析レポートの理解やキャリアプランを考えることをサポートする。同ツールは、ウェブサイトを通して直接個人として提供することも、教育機関として利用することも可能である。

【サービスサイト】Ucipher

 
 

【アメリカ】自己分析でキャリアから趣味まで

CPP

◆アメリカのCPP, Inc.は、同社のオンラインツールである“Strong Interest Inventory® ”と“SuperStrong™”が、個人のキャリアプランにどのように活用されているかについて、カリフォルニア大学TV(University of California Television-UCTV)とビデオ制作したことを発表した。同社は、チームビルディングやリーダーシップ、コーチング、キャリアデベロップメント、雇用など、企業の業績改善や課題の解決をサポートする、ソリューションを提供する。◆

アメリカのCPP, Inc.がUCTVと制作したビデオは、同社の“Strong Interest Inventory® ”と“SuperStrong™”を利用した4人の社会人に焦点をあてている。4人は、同ツールでの自己分析が、学生時代だけではなく卒業後も大きな意味を持ち、キャリア形成に役立っていると話している。同ツールは、彼らのキャリア形成、教育ばかりではなく、趣味を見つけることにまで役立ってきているという。

UCTVは、個人の趣味や関心が、キャリア、サラリー、仕事、スキル、教育などに、どのように関連しているかについて、理解するためのビデオを提供している。就職やキャリア変更を考えたときには、同ホームページにおいて、簡単な質問に答えることで利用を開始していく。また、利用者は、分析やその結果データを、無制限に利用し続けることができる。

【企業サイト】CPP, Inc.

広告 

PAGE TOP