【アイルランド】2017年~2022年スマートエデュケーション市場予測

アイルランドのResearch and Markets社は、“Global Smart Education Market 2017-2021”のリリースを発表。グローバルスマートエデュケーション市場における、2017年からの5年間の年成長率を15.41%と予測。

教育システム
SmartEducation

アイルランドのResearch and Markets社は、市場の状況、製品やエンドユーザーそして地理区分によるセグメンテーション、今後の傾向などをまとめた“Global Smart Education Market 2017-2021”をリリース。同社は世界80カ国以上に専門調査分析のネットワークを持つマーケティングリサーチ企業である。

レポートによると、教育機関が、スマートエデュケーションのような進んだ教育手法を導入しようとする理由の一つは、生徒や学生の就職という側面を考えてのことであるという。現在、企業で求められる能力と、求職者の能力との間にはギャップがあり、企業は入社後に研修を行う必要がある。

また、ソーシャルラーニングを学校での学習に取り込むことが、最新のトレンドである。ソーシャルラーニングによって、情報にアクセスしシェアし、学習内容を充実させていく。プラットフォームは、Twitter 、Facebook、 Wikispaces Classroomなどのソーシャルメディアを使えるようになっている。

スマートエディケーションのメリットは大きいが、教育機関にとっては予算の問題があり、それが市場成長のための重要な条件となっていることを、レポートは指摘する。主要ベンダーとしては、Blackboard、 Cisco Systems 、Instructure、 Pearson、 Samsungが分析される。

【レポートサイト】Research and Markets
【関連コラム】参考.これからのeラーニング(2017年4月更新)

広告 

PAGE TOP