【日本】健康・医療・福祉の専門職連携教育を動画で伝える

日本の広島国際大学が、新しいPR動画“Cheatabe Exam?”を公開した。これにより、同大学が行う専門職連携教育(IPE)の長所を伝え、高齢化社会において一人ひとりの患者に合わせた複合的な医療・福祉サービスができる専門家教育を促進することが可能になる。

教育総合
広島国際大学

日本の広島国際大学が、大学入試を控えた高校生などに向けて、新しいPR動画 “Cheatabe Exam?”を公開した。これは、2017年度のオープンキャンパス開始に伴い、“つながって、強くなる。”という大学の理念を多くの人に伝え、興味を持ってもらうためのもの。

健康・医療・福祉の総合大学である広島国際大学では、急速に進む高齢化社会に対応するために、2012年から、異なる専攻の学生達が一同に集まって問題に取り組むという専門職連携教育(IPE:Interprofessional education)を行っている。この動画は、実際に行われている実践科目の試験の様子を通じて、IPEの長所を分かりやすくPRしている。この試験では一般的な試験とは異なり、正解のない問題に一人ひとりが医療、看護、福祉など自分の専門知識を活かしてチームとして解決に取り組んでいくものになっている。

また、“IPE Camp”というそれぞれの専門の枠を超えて、他分野に関する理解を深めるカリキュラムも実施されている。同大学では今後も、患者一人ひとりのニーズに合わせた複合的な医療・福祉の専門家教育に貢献していく予定だ。

【関連サイト】広島国際大学
【PR動画】Cheatable Exam?

広告 

PAGE TOP