【ピックアップ情報コーナー 2017.6.20】

【日本】日本での外国人インターン受け入れ本格化へ(株式会社ヒトメディア)、【日本】eラーニングの宅建講座に過去問題演習機能を追加(株式会社フォーサイト)、【日本】ハウスクリーニングFC加盟店研修をオンライン動画で(おそうじ革命株式会社)の3記事を掲載。

ピックアップ

【日本】日本での外国人インターン受け入れ本格化へ

株式会社ヒトメディア

◆日本の株式会社ヒトメディアは、インターネット授業と世界各地でのインターンシップ経験という次世代型カリキュラムを提供する、アメリカのミネルバ大学から日本国内初となる4人のインターン受け入れを開始した。これにより、日本における外国人インターンシップに貢献し将来的な外国人労働者採用につなげる事ができる。◆

経済産業省は、日本における外国人受け入れインターンシップ事業を2016年に開始した。今回インターンを受け入れるミネルバ大学の特徴は、学生たちがインターネットで授業を受けながら、在学中に世界7か国の主要都市でインターンをして経験を積むことができる点だ。そして、授業料も年間12500ドルで、一般のアメリカ有名私立大学の3分の1以下になっており、合格者を対象とした財務支援制度もある。そのために、同大学の留学生比率は83%で学生の国籍は54カ国との多様な構成になっている。

ミネルバ大学のインターンは、これまで各国の有名企業などで高い満足度評価を得ている。株式会社ヒトメディアでは6月から国内最多人数の4人のインターンを受け入れるが、同社では今後も外国人採用に向けた活動を進める予定だ。

【企業サイト】株式会社ヒトメディア

 
 

【日本】eラーニングの宅建講座に過去問題演習機能を追加

Foresight

◆日本の株式会社フォーサイトは、同社の宅地建物取引士講座の受講生に対して提供するeラーニング“道場破りⓇ”上に、宅地建物取引士講座試験の過去問題を解くことができる機能を追加。昨年度、同じ機能を実装した社会保険労務士講座での合格実績を受けての実現。同社は、上記2講座をはじめ、行政書士、FP、簿記検定、痛感しなど資格取得を中心とする通信教育を提供。◆

昨年度、過去問題演習機能を追加した社会保険労務士講座では、合格率が大きく伸びた。eラーニングでの過去問題演習が、資格試験に必要な問題解決力と処理速度を高めることに役立ったと、同社は考えている。また、同講座を利用した検定合格者は、eラーニングで提供されたため、スマホでも勉強ができたことの良さを指摘している。

同機能では、問題に対する答えに加えて、解説も見ることができる。さらに、個人個人が苦手な問題も、履歴からすぐに分かるようになっている。また、問題を難易度別に表示させて、効率的に学習することもできる。同社では今後、マンション管理士や管理業務主任者講座などでも、実装を拡大する予定。

【企業サイト】株式会社フォーサイト

 
 

【日本】ハウスクリーニングFC加盟店研修をオンライン動画で

おそうじ革命株式会社

◆日本のおそうじ革命株式会社は、同社において約500ページの紙のマニュアルを完全に廃止して、2017年6月3日より“おそうじ革命オンライン動画研修”を全FC加盟店に導入したことを発表した。これにより、動画で作業マニュアルを確認できる。◆

この動画研修の特徴は、今までの研修教材では難しかった、これまでに蓄積された膨大な量の作業ノウハウを全加盟店でタイムリーに共有できる点だ。従業員は、専門のプラットフォームにアクセスして、いつでも最新のサービスや技術に関する情報を視聴できる。そして、基本的な知識や接客方法はもちろん、最新のクレーム情報などが動画にアップされる。さらに、スマホやタブレットからも視聴できるので、加盟店での開業研修などにも活用可能だ。

このシステムで研修することで、研修コストを大幅に抑えながら従業員の技術やマナーの向上が図れる。同社では2020年までに国内1200店舗の設置や海外進出を視野に入れ、日本の技術を世界に発信する予定だ。

【企業サイト】おそうじ革命株式会社

広告