【アメリカ】親子向けマインドフルネス習得アプリ

アメリカのCommittee for Children (CFC)は、子どもと保護者・教師を対象とする、マインドフルネス習得アプリ“Mind Yeti”を提供開始したことを発表。アプリのコンテンツは、同機関の研究に基づき、生活の中で子どもが、マインドフルネスを楽しんで学ぶことができるようにデザインされている。

教材/アプリ
Yeti

アメリカのCommittee for Children (CFC)は、5歳から12歳の子どもとその保護者や教師を対象としたマインドフルネスの獲得法を学ぶ、 “Mind Yeti” (iPhone、iPad向け)を開発した。CFCは、子どもたちの安全、幸福、自立をサポートするアメリカの非営利組織。“Mind Yeti”は、同組織の社会性と情動の学習研究に基づく。

同アプリは、親しみやすいキャラクターや、ストーリー、色々な声や音などを使って、楽しい内容を提供している。親子で一緒にポジティブなルーティーンを作り上げたり、様々なスキルを学んだりすることが可能。具体的にはは、気持ちを落ち着けたり、集中したり、適切に眠ったり、周囲の人たちとの人間関係を改善することに役立つという。

アプリを使って、子どもたちは、自分の感情に素直になって、感情について話す、そして自己を受け入れることができる。さらに、落ち着くことや集中することができるようになれば、周囲に対する心遣いや感謝といった行動に気がついていくという。

【関連サイト】Committee for Children

広告