【日本】ものづくり現場の危険性をVRで体感

日本の株式会社積木製作は、“安全体感VRトレーニング”の販売を開始した。これによって、実際に教えることが難しいものづくりの現場に潜む危険を体感によって教育することで、労働災害ゼロ社会の実現を考えていく。

eラーニング
積木製作

日本の株式会社積木製作は、ものづくりの現場での安全教育を担当する人向けに、“安全体感VRトレーニング”の販売を開始したと発表した。これは、ものづくり現場の教育を効果的に行い、安全性への意識を高めるためのもの。

近年、ものづくりの現場は人手不足に悩まされており、後継者教育も行き届いていない。今回のサービスの特徴は、実際に経験して教育を受けることができない、墜落、落下、挟まれ、火傷等などの危険な状況をVRで体感することができる点だ。今回は最初のコンテンツとして、高所作業における注意点や安全帯の重要性などが学べる“建設現場における仮設足場からの墜落”が発売される。さらに今後は、四半期ごとにコンテンツを追加販売することになっている。

同社では、労働災害ゼロ社会を目指して、“安全体感VRトレーニング”の監修企業も募集している。

【企業サイト】株式会社積木製作

広告