【ピックアップ情報コーナー 2017.5.8】

【日本】スーパーグローバル大学の情報発信サイト(株式会社WAVE)、【日本】オリジナルな“生きもの図鑑”を作るタブレット(株式会社タカラトミー、株式会社 小学館)、【日本】ビジネス著作権検定試験の対策講座が登場(KIYOラーニング株式会社)を紹介。

ピックアップ

【日本】スーパーグローバル大学の情報発信サイト

スーパーグローバル大学創生支援事業

日本の株式会社WAVEは、文部科学省の“スーパーグローバル大学創生支援事業”の内容を国内外に発信するWEBサイトを、立命館大学と共に企画・制作し、2017年4月に公開した。これは、大学進学を考えている学生やその保護者および大学教育関係者らの事業についての理解を促進し、教育の国際化に貢献するためのものだ。同社は、マーケティング&リサーチ、グラフィックデザイン、Webマーケティング&デザインなどを手がける。

文部科学省では世界の一流大学との交流を進めるために、2014年から大学の国際化を支援する“スーパーグローバル大学創生支援事業”を行っている。このサイトの特徴は、事業の内容と全国800の大学から選ばれた37校のビジョンや戦略などの具体的な取り組みがインフォグラフィックスを使い分かりやすく紹介されている点だ。そして、実際に各大学で学び現在は国際的な活躍をしている卒業生のインタビュー動画が掲載されているので、具体的な将来像をイメージしやすい。さらに、大学個別のページでは各大学の情報がリアルタイムで更新される。

また、今後はコンテンツの拡充にも力を入れ、動画コンテンツの公開や、国内の学生向けの留学手続き情報や、海外の学生が日本留学したくなるような英語版サイトの構築などを予定している。

【関連サイト】文部科学省スーパーグローバル大学創成支援事業紹介サイト
 
 
【日本】オリジナルな“生きもの図鑑”を作るタブレット

タカラトミー

日本の株式会社タカラトミーは、カメラ付き 生きもの図鑑タブレット“小学館の図鑑NEOPad”(希望小売価格15,000円/税抜き)を、2017年7月13日(木)から発売する。タブレットを持って出かけ、カメラ機能で生きものの写真をとり、自分だけの図鑑を作ろうという商品である。

同商品の特徴は、1.豊富な図鑑内容 2.カメラ機能 3.ゲーム機能 の3つ。1では、「動物」「恐竜」「魚」「昆虫」の4冊の同社生きもの図鑑から、子どもに人気の生きものを中心に計500種が収録されている。2のカメラ機能で撮影した写真の保存枚数は最大500枚まで。写真をそれぞれの生きものページに登録すれば、“自分だけのオリジナル図鑑”になっていく。3としては、生きものに関するゲームや学習など100種のアプリが収録され、遊びながら学ぶこともできる。ゲームの対象は、1.5歳から小学生までで、成長に合わせて様々な遊び方が可能。耳の不自由な子どもも一緒に楽しめる工夫を加え、「うさぎマーク」の共遊玩具にも認定されている。

全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」等にて発売。

【企業サイト】株式会社タカラトミー
 
 
【日本】ビジネス著作権検定試験の対策講座が登場

kiyo

日本のKIYOラーニング株式会社は、自社の運営するオンライン講座の“通勤講座”で2017年4月3日から“ビジネス著作権検定(R)通勤講座”の提供を開始した。これは、著作権に関する適切な知識を有したビジネスパーソンを増やす目的で行われるものだ。

近年、誰もがコンテンツを発信できる時代になり、ビジネスにおいても著作権をめぐる問題は決して他人事ではなくなってきた。この講座の特徴は、専門家による分かりやすい動画解説とオリジナルの演習テキストを使い、ビジネスや日常生活で必要になる著作権の知識を短期間で効率よく学べる点だ。この講座では、ビジネス著作権検定(R)の、初級と上級に対応した講義が受けられる。さらに、学習レポート機能がついているので、自分の進度や理解状況を把握しやすい。

初級は12回で計3時間20分の構成で費用は税込み4980円、上級は16回計5時間の構成で費用は税込み19800円。初級と上級を合わせて受講できるコースもあり、分割支払いも可能。

【企業サイト】KIYOラーニング株式会社

広告 

PAGE TOP