【日本】教育力を重視した大学ランキング

日本の株式会社ベネッセコーポレーションは、大学の教育力に注目した“THE世界大学ランキング 日本版2017”を発表した。これにより、日本の各大学が自校の特徴を理解できるとともに、世界各地の学生が日本の大学を選ぶひとつの目安を作ることができる。

事例報告
株式会社ベネッセコーポレーション

日本の株式会社ベネッセコーポレーションは、タイムズ・ハイヤー・エデュケーションを有するTES Gobalの“THE世界大学ランキング 日本版2017”を発表した。これは、研究力よりも教育力に重点を置いたランキングで、大学改革の推進に貢献するために行われたものだ。

現在は高等教育改革が進められており、各校が自分たちの大学の特性を把握する必要に迫られている。このランキングの特長は、世界版とは異なり、日本の教育事情に合わせた各大学の教育力が分かる指標が採用されている点だ。まず、ランキングは“教育リソース”、“教育満足度”、“教育成果”、“国際性”の4分野11項目で構成されている。そして、これまでのような入学時の学力を基準としたランキングではなく、学生の成長性などを重視したものになっている。

また、18歳人口が減少している中で、日本の大学がその魅力を全世界に積極的にアピールすることが必要になっている。ベネッセコーポレーションでは、このランキングを国内外の学生の大学選びの参考として利用してもらうことも考えている。

【企業サイト】株式会社ベネッセコーポレーション

広告