【日本】高度な技術を持つ外国人対象、動画でリクルーティング

日本の株式会社バク宙は、外国人の人材マッチングサービス“JIKOPY”の登録者数が8000人を突破したと発表した。これにより、高度な日本語能力を有する外国人が、自己紹介動画を活用して、日本の企業からスカウトを受けやすくなる。

事例報告
株式会社バク宙

日本の株式会社バク宙は、外国人の人材採用を担当する人に向けた、高度外国人人材専用の動画リクルーティングシステム“JIKOPY”の登録外国人数が8000人を突破したと発表した。これは、日本での就職を希望する外国人と企業とのマッチング成功率を高めるためのもの。

従来の外国人採用では、日本での就労を希望する外国人との接点が少なかったり、書類だけでは日本語の能力が分かりにくいなどの問題があった。このサービスの特徴は、外国人が日本語で自己紹介動画をアップするだけで、たくさんの企業からのスカウトを受けることができる点だ。専用サイト内でメッセージのやり取りができるので、メールアドレスの交換も必要ない。採用後の就労許可申請などの面倒な書類も、サイト内に登録してある情報を基に作成できるので、手続きの手間が省ける。

サイト利用料は動画掲載は無料で、入社決定後に料金が発生する仕組みになっているので、コスト的にも削減になっている。また同社では、文科省の“留学生30万人計画”に合わせて、2017年12月には登録者数3万人を目指している。

【企業サイト】株式会社バク宙

広告