【日本】クラウド型ワンストップeラーニングシステム

日本の株式会社D2Cは、企業の研修担当者などのために、クラウド型学習管理システム“etudes(エチュード)”を2017年4月1日から提供を開始する。これにより、学習管理が一ヶ所で行うことができるようになり、企業研修などの効率が高まる。

事例報告
d2c(エチュード)

日本の株式会社D2Cは、クラウドを活用した学習管理システム“etudes(エチュード)”の提供を2017年4月1日より開始すると発表した。ますます需要が高まるeラーニングを利用した個別的な専門知識教育など、企業の人材教育の普及を促進するために行われる。

この学習管理システムの特徴は、導入から運用、そしてコンテンツの作成や配信などまでを一ヶ所で提供してくれる点。システムには、Microsoft AzureのPaaSを利用しているため、セキュリティの面が強化されている。また、数十万のIDを管理でき、大規模企業のグループ会社などでも利用可能だ。さらに、通常のインターネット接続の他、機密情報を扱ったコンテンツは、オプションで閉鎖網やVPN経由での配信もできる。

このシステムは、ASPによる提供で、初期費用やバージョンアップは無料、ID数による課金制になっている。同社では、将来的にはVRやARなどを駆使した学習機能の実装を計画中。

【企業サイト】株式会社D2C

広告 

PAGE TOP