【語学】ルーマニア・日本 聞く・話すで語学力レベルアップ

ルーマニアのアプリはバーチャルキャラクターと実用会話練習、日本はオンラインでカランメソッド初級者版のリリース。聞く・話すに重点をおく。

教材/アプリ

【ルーマニア】バーチャルキャラクターと会話する外国語学習アプリ

Mondly

ルーマニアのATi Studios社は、バーチャルキャラクターと現実に会話しているような経験ができる語学学習アプリ“Learn Languages VR by Mondly”をリリース。同社は言語学習プラットフォーム“Mondly Languages”を開発、これまでに1500万回ダウンロードされている。

利用者は、発音に対するフィードバックや語彙のアドバイスをすぐに知ることができる。同社が開発した新しい自動音声探知システムは、周囲のノイズを調整し発話以外の音を無視し、仮想キャラクターとの会話を自然なものとする。最初のバージョンは28言語の学習が対象で、非常に具体的な三つのシーン、レストランでのオーダー、ユーロトレイン内での会話、ホテルのチェックインでのコミュニケーションを学ぶ。

同社は、知っている単語の数を増やすことではなく、その単語でどのようにコミュニケーションするかが、語学の上達であると考える。アプリは、これまでダウンロードした利用者の履歴から、何を効率よく学びたいと考えているかに基づいて制作されているという。

【企業サイト】Mondly Languages
 
 
【日本】イギリス発カランメソッドで学ぶオンライン英会話

native camp

日本のVJソリューションズ株式会社は、同社のオンライン英会話サービス“ネイティブキャンプ英会話”で、英語初級者向けカランメソッド教材“Callan for kids”を提供開始。カラン機構正式提携校であり、ダイレクトメソッドで評価の高いカランメソッドを提供する。

同教材は、英語をアルファベットなどの基礎から学ぶ入門教材ではなく、初級者になじみのある英文法・単語を用いた教材で中学英語レベルから始まる。子どもだけではなく、中学英語レベルから英会話をもう一度学習したい、中学レベルの英語を実践的な英語力に発展させたいなど希望する成人学習者も対象とする。

“ネイティブキャンプ英会話”は、スマートフォンアプリで、24時間365日予約なしでマンツーマンのレッスン可能である。イギリス発祥の学習法で、通常の1/4の時間で英語が習得できると言われているカランメソッドについては、カランメソッド導入スクールへ指導をしてきた、ベテラントレーナーによるトレーニングを受けた講師が担当する。

【企業サイト】ネイティブキャンプ英会話

広告