【日本】保護者対象、園内ライブ配信するWebテレビ

日本のSKY-NETWORK株式会社は、クラウド型プライベートWebテレビ・メディア“SKYNET-BROADCASTER/KG”の提供を2017年2月1日から開始すると発表した。幼稚園経営者がこれを使い園児の様子を保護者の携帯などにライブ配信することで、子供の日常の状況が分り、災害時の避難状況もライブで伝えられるようになる。

教育システム
SKY-NETWORK株式会社

日本のSKY-NETWORK株式会社は、幼稚園経営者などを対象にしたクラウド型プライベートWebテレビ・メディア“SKYNET-BROADCASTER/KG”を2017年2月1日に提供開始すると発表した。これは、幼稚園にあるパソコンと保護者の携帯電話が常時つながることで、連絡を密に取るためのもの。

本サービスの特徴は、ビデオオンデマンドによる動画配信ではなく、園内の様子をライブストリーミング配信することで、園児の現在の姿を保護者が知ることができる点だ。また、幼稚園の職員から保護者への日常的な連絡以外にも、地震などの災害が起きた緊急時に、刻々と変化する園児たちの避難場所や避難状況をリアルタイムで保護者に伝えられる。

さらに、スライドショー、テロップ放送、音声放送を使うことも可能。同社では今後も、最先端の技術を生かしてICT普及に貢献するサービスを提供していく予定。

【企業サイト】SKY-NETWORK株式会社

広告