【日本】教育機関向け実物投影機の活用事例集 

日本の株式会社エルモ社は、学校の教師向けに実物投影機の授業での活用事例を集めたフリーマガジン“Hot Edu UP No.1~No.4”を2017年1月23日より発行する。今回の発行は2020年から始まる新しい学習指導要領の内容に合わせたもので、写真を中心としたステップアップ式のこの事例集を使えば、授業をより分かりやすくすることができる。

教材/アプリ
株式会社エルモ社

日本の株式会社エルモ社は、学校の教師向けのフリーマガジン“Hot Edu UP No.1~No.4”を2017年1月23日より発行する。これは、学校での授業をもっと分かりやすくするために、実物投影機の授業での効果的な活用方法をまとめた事例集である。

このマガジンは、ICT活用に関する成果を教師に伝えるために2008年より発行した“Hot Education”と2011年より内容を刷新して提供してきた“Hot Edu +”に次ぐシリーズになる。今回のマガジンの特徴は、従来のような写真を中心とした分かりやすい説明に加えて、2020年から始まる学習指導要領に対応している点だ。また、No.1からNo.4へステップアップする構成になっており、定番の活用法から応用方法まで、授業での生徒たちの理解度に合わせて使うことができる。

このマガジンは、累計発行部数32万部の人気シリーズで、電話やWEBサイトから申し込めば、無料で送付される。2017年1月にNo.1が発行され、以降2月にNo.2、4月にNo.3、6月にNo.4が刊行される予定になっている。

【企業サイト】株式会社エルモ社

広告 

PAGE TOP