【日本】アクティブ・ラーニング実現に学習支援クラウドサービスを埼玉県立高校は採用

埼玉県教育委員会は、2017年4月よりアクティブ・ラーニングをサポートするプラットフォームとして、学習支援クラウドサービス“Classi”を埼玉県立高校で採用する。それにより、「教材の効果的な共有」「教員間ネットワークの構築」を目指す。

教育システム
classi

埼玉県教育委員会は、「アクティブ・ラーニングの視点に基づいた主体的・対話的で深い学び」を実現するためのプラットフォームとして、2017年4月より埼玉県立高校にClassi株式会社開発の学習支援クラウドサービス“Classi”を採用する。同社は、株式会社ベネッセホールディングスとソフトバンク株式会社の合弁会社。

同県教委は、東京大学 大学発教育支援コンソーシアム推進機構(CoREF)と連携した「知識構成型ジグソー法による協調学習」の研究・実践事業により、750点を超える授業案や教材を開発している。同県教委は「教材の効果的な共有」「教員間ネットワークの構築」のために“Classi”を活用し、この事業の普及を目指す。

“Classi”にアップロードされた教材は、単元や学習主題などのキーワード検索が可能になり、教員が教材を有効かつ手軽に活用できる環境が整備される。また、教員間ネットワークが構築され、異なる学校の教員同士でも簡単に教材や知見を共有し、質の高い授業実践サポートの実現が見込まれる。将来的には、教材配信機能や学習したい内容に応じて教材を検索できる機能なども提供して、生徒もプラットフォームを活用することを予定している。

【企業サイト】Classi株式会社

広告