【アメリカ】VRトレーニング環境でITを学ぶ

アメリカのCengage社は、同社のデジタルラーニングプラットフォーム“MindTap”に、イギリスのPractice Labs社のライブ・バーチャル・マシン・ラボを統合することを発表した。統合によって、学生はコンピューターやIT分野で即戦力となる能力を習得することができる。

eラーニング
CENGAGE

アメリカのCengage社は、ITやプログラミング分野を学ぶ学生のため、デジタルラーニングプラットフォーム“MindTap”に、Practice Labs社のライブ・バーチャル・マシン・ラボを統合し、より実践的なトレーニングを可能にした。両社ともに教育テクノロジーを提供・サポートする企業。

学生は、プラットフォームである“MindTap”から直接ブラウザで、実際に稼働するサーバーやネットワークハードウェアを利用することができる。就職後に実際に使用するサーバーやソフトウェアと同じ環境を体験して学習し、就職に必要な技術を習得することにつながる。同社は自社が提供するラボコースでは、インストラクターはシラバスを変更する、トピックを選ぶ、自分の教材を一緒に使用するなど自由に行うことができる。

Practice Labs社との統合によって、学生は現実の環境で成功するまで失敗とリトライを繰り返せること、インストラクターは安定したラボ環境で教えることを歓迎しているという。

【関連サイト】Cengage

広告