【日本】データサイエンス基礎講座

日本の株式会社インプレスは、統計や機械学習の基礎知識と生物化学分野を融合した授業“データサイエンス基礎講座(ゲノム・ライフコード編)”を全5回に渡り開催した。本講座は、仮想の遺伝子・ゲノム環境機構をRやPythonなどで解析しながら機械学習の理解を深めることが可能だ。

事例報告
株式会社インプレス

日本の株式会社インプレスは、データサイエンスに必要な統計ならびに機械学習の基礎知識を生物化学分野へと応用させた授業“データサイエンス基礎講座(ゲノム・ライフコード編)”を全5回に渡り開催した。同社は、IT関連メディア事業を展開している。

本講座は、RやPythonなどの言語を用いた統計・機械学習手法の解説を通じて仮想の遺伝子・ゲノム環境のメカニズムを解析しながら機械学習の理解を深められるのが特徴だ。具体的には、ゲノム情報の大規模解析プロジェクトというビジネスプロセスに沿った講義により、生物や化学の観点からデータサイエンスに必要な知識の習得を目的としている。なお、生物化学分野に限らず他分野の方でも実務応用の知見拡大を図ることが可能だ。

また、同社は今後も時代のニーズにいち早く着目しながら学術分野の有用性をビジネスイノベーションに結びつけていくと共に、実務応用可能な専門性の高い知見をセミナー形式で広く取り上げていきたいと考えている。

【企業サイト】株式会社インプレス

広告 

PAGE TOP