【アメリカ】中・高生のボランティア活動を管理するオンラインサービス

アメリカの非営利団体Lion’s Heartが2016年初旬に立ち上げた、学生のボランティア活動を記録する“Volunteer Digital Portfolio”が、最新のテクノロジーのもとさらなる発展を遂げていることが分かった。同サービスはウェブサイトとモバイル端末を基本としたプラットフォームで、各ボランティアが地域コミュニティーに及ぼす効果を追跡、記録するもの。

事例報告
Lion's Heart

アメリカの非営利団体Lion’s Heartは、学生のボランティア活動を記録する“Volunteer Digital Portfolio”が、さらなる発展を遂げていると発表した。

中学、高校生を対象とした同サービスでは、オンライン上で、各児童の長所、受賞した賞の名前、リーダーとして果たした役目などの情報が管理されている。また、大学受験の際の参考情報、雇用先へ提出する証明書、奨学金、インターンシップのスポンサーなどへ提出する際にも対応できるようにすべてのボランテイア歴を印刷することも可能だ。来年には新しい機能が追加された新しいバージョンのサービス提供も予定している。

今後も同サービスを通じて、より多くの学生がボランテイア活動を行い、未来に繋がる社会経験、キャリア構築をサポートしていくことが期待されている。

【関連サイト】Lion’s Heart

 

広告