【シリーズ】日本 eラーニングで「授業」をバーチャルに

eラーニングを利用することで、実際に教室に行かなくても教室のクオリティで学ぶことを可能にするサービスが開発されている。

シリーズ

【日本】英会話のイーオンがeラーニングサイトを刷新

イーオン

日本の株式会社イーオンは、英語学習者に向けた新しいeラーニングサイト“AEON eラーニング”を2017年1月16日にオープンすることを発表した。これは、英会話教室運営のノウハウを生かして、これまでのオンライン英語学習サービスを統合した内容のサービスを提供するものだ。

このサイトの特徴は、英語学習における4つの技能を効果的に身につけることができる点だ。英会話練習コンテンツ“Skit Training / Skit deスキッと!”では、場面別の英会話フレーズ集として活用できる他に、スマートフォンなどを使った音声採点が可能だ。また、イーオンの外国人教師による動画配信では、毎月さまざまなテーマでプレゼンを行う。動画は、自分のリスニングのレベルに合わせて字幕付きでも視聴できる。さらに、単語や文法についてのクイズや全52話のオーディオブックで学習者を飽きさせない工夫がされている。

このサービスは、月額980円で利用でき、無料会員登録でもコンテンツの一部を無料利用できる。さらに将来的には、TOEIC(R)TEST対策講座などのコンテンツを拡充する予定だ。

【企業サイト】株式会社イーオン

 
 
【日本】映像とバーチャルクラスルームを使った遠隔授業

日本のアテイン株式会社は、これから外国人スタッフの迎え入れを目指すIT企業を対象に“日本のIT企業で働ける外国人人材育成サービス”を提供開始した。同社は、eラーニングサイト“動学.tv”の運営および学習教材用映像コンテンツを制作・提供している。

当サービスは、独自の学習管理システムのシナリオに沿った映像とバーチャルクラスルームによる遠隔授業を組み合わせ、応用や不明点などを解消しながら学習を進めていくのが特徴だ。また、これからIT企業での就業を目指す外国人だけでなく、すでにIT企業で就業中の外国人にも最適な構成となっている。具体的には、英語・ベトナム語・中国語・韓国語などに対応した教材を用いて日本語以外にビジネス知識やマナーを習得可能だ。

なお、同社は今後も外国人向けに日本語能力試験のレベル別実力養成をはじめビジネスマナーや情報漏洩対策などに関する映像教材の制作を通じて、企業や教育機関に向けたコンテンツの提供に励んでいこうとしている。

【企業サイト】アテイン株式会社

広告 

PAGE TOP