【日本】性的マイノリティを理解するためのeラーニング講座

日本の株式会社LGBT総合研究所は、企業で働く人にLGBTなど性的マイノリティに対する理解を深めてもらうためのeラーニング講座“セクシュアリティ基礎知識-LGBT・性的マイノリティを知る-”の提供開始を発表した。この講座で学ぶことで、企業のCRS活動や多様性を認める社会づくりが促進できる。

eラーニング
株式会社LGBT総合研究所

日本の株式会社LGBT総合研究所は、企業で働く人を対象にしたeラーニング教材、“セクシュアリティ基礎知識-LGBT・性的マイノリティを知る-”の提供開始を発表した。これは、社会人にLGBTなど性的マイノリティについての正しい知識を習得してもらう目的で行われる。

現代社会では、人権や異なる価値観を尊重した多様性が重視されているが、性的マイノリティに対する社会での正しい理解はまだまだ不十分だ。この講座の特徴は、当事者の悩みなども反映させて性的マイノリティについての基礎的な知識が習得できる点。講座では、性的マイノリティの定義や実態、互いが尊重し合う職場づくりの方法などを学ぶ。

LGBT研究所は博報堂DYグループ横断社内公募型ビジネスアイデア募集・育成プログラムから生まれた社内ベンチャー。本講座は、誰でも手軽にコンテンツを作成することができる“楽々てすと君”を開発したTIS株式会社と提携して行われる。

【企業サイト】株式会社LGBT総合研究所

広告