【日本】保育士資格取得オンライン通信講座-個別授業でアドバイスも

日本のヒューマンアカデミー株式会社は、自社の通信講座“たのまな”の保育士講座受講者を対象としたオプショナル授業“ウィズマナ”の提供を開始した。これにより、受講生が試験に合格した先輩の修了生や講師から1対1で学習上の悩みについてのアドバイスを受けることができる。

教育システム
ヒューマンアカデミー株式会社

日本のヒューマンアカデミー株式会社は、保育士を目指す人向けに、通信講座“たのまな”の保育士講座受講者へのオプショナル授業“ウィズマナ”の提供を開始した。これは、個別に先輩チューターや講師に相談できるようにすることで、勉強のモチベーションを維持するために設けられたもの。

通信講座は、学校に通わず自分のペースで進められるので、資格取得を目指す社会人には便利だが、その反面でペース管理や疑問の解消など自分で学習を続けるのが難しい。この授業の特徴は、オンラインを利用した1対1の個別授業で、普段の学習上の悩みについてのアドバイスが受けられることだ。授業回数は月1回30分程度で、計5回受講できる。そして第1回から第4回は、保育士資格を保有する保育士講座の修了生が各受講生の学習進度に合わせた勉強法を教えてくれる。また第5回は、通信講座内で授業を行っている講師が、個別に試験直前対策授業を行う。

この講座は、2017年4月の試験に合わせて、2016年11月から2017年3月まで開講される。同社は今後、このようなマンツーマン方式でアドバイスを利用可能なオンライン授業にさらに注力していく。

【企業サイト】ヒューマンアカデミー株式会社

広告 

PAGE TOP