【日本】AIを活用したクラウド型言語学習システム

日本のコーリジャパンは、クラウドと人工知能を活用した言語学習システム“cooori”の法人向け販売を開始した。これは、従来のシステムと比べ5倍の学習効果が認められ特許も取得しているシステムで、今回は日本人を対象とした効果的な英語学習プログラムを提供する。

ウェブサービス
コーリジャパン

日本のコーリジャパンは、英語研修などを対象とした人工知能を活用した言語学習システム“cooori”の法人向け販売を開始した。これは、人工知能とクラウドを活用し、個人の学習進度に合わせた効果的・効率的な学習を可能にするものだ。

2015年の調査によると、日本人のTOEIC平均スコアは46ヶ国中39位だったが、日本企業のグローバル化によって英語運用能力の強化は避けられない。このシステムの特徴は、クラウド型の人工知能を活用した言語学習システムを使っている点だ。人工知能は、それぞれの学習者の習熟度に応じて常に最適な学習プログラムを提供してくれる。先行して導入した企業の受講結果の分析によると、従来の言語学習法に比べて5倍の学習効果が認められた。また、このシステムは2016年9月に特許を取得している。

この会社は、2010年にアイスランドで設立されたCoooriehfの日本事業拠点として2015年に設立された。そして今後も、テクノロジーを用いた効率的な学習方法の開発と普及を目指して活動する予定だ。

【企業サイト】コーリジャパン

広告