【日本】カンタン&低コストなeラーニング管理サービスが登場

日本の株式会社廣済堂は、専門学校や企業の教育担当者が低コストでeラーニングが導入できるようにするための簡易版クラウド学習管理システム“テストプラス+”の提供開始を発表した。これによって、企業の研修や通信添削でのeラーニングの普及が促進される。

eラーニング
株式会社廣済堂

日本の株式会社廣済堂は、eラーニングの導入を考えている専門学校や企業の教育担当者向けの簡易版クラウド学習管理システム“テストプラス+”の提供開始を発表した。これは、手持ちのコンテンツを使い簡単かつ低コストでeラーニングの導入を可能にするものだ。

このサービスの特徴は、マルチデバイスからアクセスでき、容易に操作できる質の高いeラーニングを低コストで実現できるようになる点だ。まずコンテンツについては、各企業が持つ紙資料はもちろん、映像や組版データからでも、デジタルブックや映像、アニメーション化してくれる。また、確認テストについては、選択式と記述式に対応している。選択式は、解答後に自動採点と解説画面で自分の弱点を確認できる。記述式は採点者が採点しコメントをつけることもできる。

このサービスでは、利用者の学習状況が一元管理できる上に、学習内容についてのアンケート作成や集計も簡単だ。さらに、外国人に母国語で研修やアンケートができるように、オプションで多言語にも対応している。

【企業サイト】株式会社廣済堂

広告