【シリーズ】日本 中学英語の重要性

英語教育の基礎となっている中学英語が注目されている。小学校でも英語教育が始まり、中学の英語教育でも発信型の教育内容が重視されてきている。中学英語の重要性と有効性を考えさせられる記事を掲載する。

シリーズ

【日本】“聞く、話す、読む、書く”の4技能の力を測定する“GTEC Junior(ジーテックジュニア)”

◆日本の株式会社ベネッセコーポレーションは、小中学生の英語4技能を測定する“GTEC Junior(ジーテックジュニア)”を2016年12月から小中学校やベネッセグループの英語教室で実施することを発表した。これは、同社が実施している各種“GTEC”の小学校高学年から中学1年生向けのもので、2018年度からの小学校高学年における英語教科化に対応するもの。◆

株式会社ベネッセコーポレーション

日本の株式会社ベネッセコーポレーションは、小中学生を対象とした英語4技能検定“GTEC Junior(ジーテックジュニア)”の実施を2016年12月より小中学校やベネッセグループの英語教室で実施することを発表した。これは、2018年度以降の小学校高学年における英語教科化に対応し、小中学生の英語力測定方法の一つとして導入しようとするものだ。

“GTEC Junior(ジーテックジュニア)”の特徴は、タブレットを使って小中学生レベルの英語を“聞く、話す、読む、書く”の4技能の力が測定できる点。対象は、小学5年生から中学1年生で、受験レベルは3段階。発達段階を考慮して、英語を使えたという体験をしてもらえるような出題設定になっている。また受験結果は、教師には“教室用帳票”として、生徒には“受験者用スコアレポート”として返却される。

受験時に必要なタブレットやヘッドセット、専用ペン等は事前に貸し出し、ネット環境は不要。今後は他の“GTEC”、“GTEC for STUDENTS”、“GTEC CBT”と合わせ、小学生から社会人までの総合的で客観的な英語力の評価を行っていく予定とのこと。

【企業サイト】株式会社ベネッセコーポレーション

 

【日本】Skypeでマンツーマンの中学英語レッスン

◆日本の株式会社学研プラスは、中学の学習指導要領に合わせたオンライン英会話サービス“Talking Time 中学コース”の提供を開始した。中学生はもちろん、英会話を先取りしたい小学生や基礎から英会話を学びたい人たちが、基礎的な英会話や総合的な英語力を身につけることができる。◆

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-20-24-47

日本の株式会社学研プラスは、中学生向けにオンライン英会話サービス“Talking Time 中学コース”の提供を開始した。これはSkypeを利用し、学習指導要領に対応したカリキュラムのマンツーマン英会話レッスンを行えるようにするためのもの。

本サービスの特徴は、学習指導要領に合わせた英会話レッスンを受けられることだ。中学1年から3年までの授業の進度に沿って、学校の授業や受験で出題される重要な文型を話して定着させることができる。1レッスンあたり25分間マンツーマンで外国人講師と話すことで、スピーキング力だけでなくリスニング力も向上する。また、使用するテキストには、レッスンで話した英文を学習する問題が付いているため、総合的な英語力アップにもつながる。

レッスンプランは、月4回、月8回、毎日1回受け放題から選択可能。日本人の人気英会話コーチによる無料視聴レッスンの解説動画も公開していく予定。

【企業サイト】株式会社学研プラス

 
【日本】中学生レベルの英文法でビジネス英会話をマスター

◆日本のビズメイツ株式会社は、英会話初心者が企業での電話対応やeメールなどのビジネス英会話を身につけるためのオンライン英会話学習プログラム“Other Programs Basics”の提供を開始した。この講座では、中学校の英文法を使った簡単なフレーズをくり返すことで英会話の力をアップできる。◆

ビズメイツ株式会

日本のビズメイツ株式会社は、企業の社員などビジネス英会話のスキル向上を目指す人向けのオンライン英会話学習プログラム“Other Programs Basics”の提供を開始した。これは、英会話初心者が、Skypeを使い、ビジネスに特化した英会話表現を効率よく学べるようにするためのもの。

近年、企業のグローバル化が進み、ビジネス英会話の短期習得の需要が高まっている。このプログラムの特徴は、英会話初心者が特定の分野のビジネス英語が話せるようになる点だ。習得できるスキルは、ミーティング、プレゼンテーション、電話会議、電話対応、eメール。各プログラムは全20回の構成になっている。テキストは、中学生レベルの英文法で、シンプルかつ効果的なフレーズが使われている。これを反復学習することで、英語が口をついて出るようになるとのこと。

同社では中級者向けのプログラム“Other Programs”の提供も行っている。この講座では、プレゼンテーションや商談などの英語力強化も可能。

【企業サイト】ビズメイツ株式会

広告 

PAGE TOP