【日本】オンライン英会話にディクテーション添削サービスが登場

日本の株式会社テンナイン・コミュニケーションは、オンライン英会話学習教材“Shadow Speaking―シャドースピーキング ―”にディクテーション添削サービスを追加した。このサービスで受講生が聞き取った英文を英語講師が採点することで、客観的なリスニング力が把握でき、総合的な英語力アップが図れる。

オンライン
株式会社テンナイン・コミュニケーション

日本の株式会社テンナイン・コミュニケーションは、英会話が上達したい人向けのオンライン学習教材“Shadow Speaking―シャドースピーキング ―”に、新しくディクテーション添削サービスを追加したと発表した。これは、ディクテーションを通じてリスニング力をアップさせるためのものだ。

“Shadow Speaking―シャドースピーキング ―”の特徴は、1日10分の学習を繰り返すことで、7つの語学力と5つのスキルを一度に習得できる点だ。今回追加されたサービスでは、まず、受講生が課題の英文をリスニングし、それを書き起こしたものをメールで事務局に送信する。それを、英語講師が添削して正解とアドバイスのついた結果が返信される。こうしたインタラクティブなやり取りによって、自分のリスニング力が客観的に把握できるので、学習効果が上がる。

この講座はオンラインなので、いつでもどこからでも繰り返し学習が可能だ。また、毎日のレッスンとディクテーション添削サービスを併用することで、総合的な英語力の向上を目指せる。

【企業サイト】株式会社テンナイン・コミュニケーション

広告