【日本】業界初!教育格差を埋める遠隔個別指導システム

日本の株式会社SOBAプロジェクトは、小学生から高校生向けにICTを活用した遠隔教育事業“個別指導塾 同立ネット”を提供開始した。当事業は、個別指導教育に特化したアプリケーション“SOBA School(ソーバ・スクール)”のシステムを基盤としており、京都を中心に集めた150名の大学生や大学院生による遠隔個別指導が特徴だ。

教育システム
株式会社SOBAプロジェクト

日本の株式会社SOBAプロジェクトは、合同会社NT教育研究所と協業で小学生から高校生向けにICTを活用した遠隔教育事業“個別指導塾 同立ネット”を提供開始した。同社は、ウェブ会議システムならびに遠隔教育システムの開発・販売・システムサポートを行っている。

当事業は、個別指導教育に特化したアプリケーション“SOBA School(ソーバ・スクール)”のシステムが基盤となっており、京都を中心に集めた150名の大学生や大学院生らを講師にして遠隔個別指導を行うのが特徴だ。また、個別指導と全体指導を切り替えながら授業を随時監視できる機能など、運営管理機能面も充実している。その他、夏休み・冬休みの長期休暇期間中にオンライン学習者への教育効果向上をねらいとした合宿が開催される予定だ。

なお、同社は今後も生徒や保護者の進路指導を通じて学校との橋渡しを続けながら、学習相談サロンやカフェなどへのPC・タブレットの設置ほか音楽・体操教室などでの遠隔学習実現に向けた事業展開を図ろうとしている。

【企業サイト】株式会社SOBAプロジェクト

広告 

PAGE TOP