【日本】IT業界が求める人材を育てるための学習講座

日本の株式会社スクーは、株式会社リンクアカデミーの“アビバプロ”のWEBデザイナー向け講座を共同開発すると発表した。これは、“schoo WEB-campus”を運営するスク―のコンテンツ作成のノウハウを、リンクアカデミーに提供するものだ。

教育システム
株式会社スクー

日本の株式会社スクーは、株式会社リンクアカデミーと“アビバプロ”講座の共同開発を行うことを発表した。これは、WEBの知識を身につけるオンライン学習サービス“schoo WEB-campus”のコンテンツ作りと、リンクアカデミーの資格教室運営ノウハウを合わせて、社会に必要な人材を育成するために行われる。

この共同開発の特徴は、ITスキルの習得を目的にリンクアカデミーが2015年から行ってきた“アビバプロ”に、新たに“schoo WEB-campus”のコンテンツ作りに定評があるスクーと協力してWEBの知識を身につけられる講座ができる点だ。従来はJavaやSQLなど、プログラマー向けの講座を中心に提供してきたが、これからは、WEBデザイナー育成講座として、JavaScriptを使ったサイトの作り方やPHPでのWEBシステム開発、IllustratorやPhotoshopの使い方などの講座を開発していくことになっている。

さらに、リンクスクールでは“プロシード”と言われる、人材派遣会社への紹介制度がある。この講座で学べば、IT/WEB業界が求める知識や技術を身につけ、将来社会で活躍できる人材になることができる。

【企業サイト】株式会社スクー

広告