【アメリカ】海軍研究所がオンライン言語学習ツールへ開発支援

アメリカの海軍研究所とアメリカ合衆国国防長官府は、オンライン外国語学習ツール“ALLEARN”の開発の為に、ALELO社とAPTIMA社に3億円相当の開発支援を行うことを発表した。多言語の習得が実務上不可欠な職員の職務遂行を円滑にすることが目的。

教育システム
ALELO

アメリカの海軍研究所とアメリカ合衆国国防長官府は、オンライン外国語学習ツール“ALLEARN”の共同開発の為に、ALELO社とAPTIMA社に3億円相当の開発支援を行うことを発表した。当研究所は国家機関。

通常、クラスに通い外国語を学ぶ方法は費用が高いだけでなく、個人の学習能力の差や習熟度の違いによって、教師がクラス進行の速度を定めることが難しく、非効率で学習効果の薄いものとなりがちである。更に、学習者が実際に会話を行う機会も少なく、実力がつきにくい。当システムは、バーチャルロールプレイヤーと会話を行い、学習者の言語レベル、癖などをコンピューターが分析、個人に特化した学習プログラムを作成してくれる。

ALELO社の社長Dr. Lewis Johnson氏は「当システムを使用することでより効果的に言語を学び、かつインストラクターの負担を減らすことが可能である。今後のマーケット上での可能性も大きく期待している」と述べた。

【企業サイト】ALELO

広告