【使ってみました!】展覧会検索サイト

Qure編集部では、便利なWEBサイトやアプリなどを実際に使ってみて紹介する”使ってみました!”コーナーを新設、不定期に掲載していく予定。No.1は展覧会情報サイト。

使ってみました!
artscape

ビジネスでも教育でも日常生活でも、交通経路や地図などから専門的な情報までWEBで調べる、テキスト、画像など各種データを交換する、リアルタイムコミュニケーションをとるなど、インターネットの使用は広く深く日常化している。

そこでQure編集部では、便利なWEBサイトやアプリなどを実際に使ってみて紹介する”使ってみました!”コーナーを新設、不定期に掲載していく予定。

 

人気の美術展を探すなら、artscapeとInternet Museumがオススメ!

QureのFacebookに掲載している美術館や博物館情報。いつどれに行くかを決めるためにインターネットを活用している。それぞれの展示内容や時期を調べて、できればあまり混雑していない日にゆっくり鑑賞するには、情報収集が大事だ。PCでもモバイル機器でもこのような美術館情報をわかりやすく使いやすく紹介しているサイトがある。大日本印刷株式会社が運営するアートスケープ/artscapeだ。全国の展覧会スケジュールを会期を中心に並べ替えて検索することができる。オススメ展覧会コーナー、学芸員のレポート、サイト独自のレビュー、現代美術用語辞典などを提供。
アートスケープ/artscape

株式会社丹青研究所が運営するInternet Museumもミュージアム情報が検索しやすい。美術、支援、文学など博物館の種類やカフェ、ライブラリーの有無なども含めて検索可能。首都圏で放映されるミュージアム関連のテレビ番組の一部紹介コーナーは便利。テレビ放映直後の展覧会は混雑する場合が多く、予定を立てるときに参考にしたい。”取材レポート”では会場の様子を一部ビデオで見ることもできて、見学鑑賞の手引きともなっている。

InternetMuseum

Internet Museum

どちらのサイトにも巡回展の紹介があり、地元では見逃した展覧会を他地域で見たいときにも便利。各美術館ウェブサイトへのリンクで詳細を見ることも簡単だ。両方のサイトで調べ各美術館サイトでさらに詳しく見れば、何をテーマとして見るか、どのような順番で見るか、時間はどれぐらいかけるかなどある程度予想もできる。また、展覧会の雰囲気を伝えてくれるブログも多いが、雑誌への寄稿、新聞掲載などもあるTakさんの弐代目・青い日記帳はオススメ。

広告