【日本】タブレット端末を活用した学習支援ソフトウェア

日本のSky株式会社は、普通教室におけるICT活用を支援するタブレット対応の授業・学習活動支援ソフトウェア“SKYMENU Class 2016”を提供開始した。同ソフトウェアは、コンピュータ教室対応の“SKYMENU Pro”と連携させて学生・教師を一元管理可能。さらに、今回は子供達の集中や思考を持続させるために様々な機能を追加している。

教育システム
SKYMENU Class 2016

日本のSky株式会社は、普通教室におけるICT活用を支援するタブレット対応の授業・学習活動支援ソフトウェア“SKYMENU Class 2016”を提供開始した。同社は、教育分野での授業・学習活動支援ソフトウェアを始め、情報家電など幅広い分野でシステム開発を展開している。

同ソフトウェアは、電波干渉や大容量ファイル使用などの課題に配慮しつつ、コンピュータ教室に対応した“SKYMENU Pro”と連携しながら無線LAN環境下で主体的・協働的な学習(アクティブラーニング)を支援するのが特徴だ。なお、どちらのソフトウェアも同じ校内サーバーにて運用可能な仕組みとなっており、新たにサーバーを構築しなくても作成したファイルが同じ個人用フォルダーに保存されるため、学生・教師の一元管理に適している。

また、今回は教材の中で特に注目すべき箇所をスポットライトのように強調提示しながら分かりやすく可視化する機能を新たに追加したことによって、子供達の集中や思考を途切らせないスムーズな授業進行が実現可能だ。

【関連サイト】SKYMENU Class 2016

広告 

PAGE TOP