【日本】子供が簡単にプログラミングを学べるソフトウェア

日本の株式会社jig.jpが、学校教育における子供のプログラミング授業必修化に向けて、プログラミングの基礎からゲーム作りまでを簡単に学ぶことができるソフトウェア“IchigoJam BASIC”の最新版の提供を開始した。

教材/アプリ
株式会社jig.jp

日本の株式会社jig.jpでは、子供向けのプログラミング教育ソフトウェア“IchigoJam BASIC”のバージョン1.2の提供を開始した。これは、子供たちに手軽にプログラミング学習から本格的なIoTデバイス開発までを行ってもらうためのものである。

このソフトウェアの特徴は、セットアップ不要で、LEDの点灯と消灯などプログラミングの初歩からゲーム作りなどの発展的な内容までを、1時間程度のワークショップで体験できる点だ。今回のバージョンアップでは、文字列を使ったプログラミングに対応したので、子供たちの柔軟な発想により対応したゲーム作りができるようになった。また、“IchigoJam BASIC”と回路図を個人利用者には無償で提供し、第三者に販売する企業にはライセンス販売を行っている。

2020年には、小学校でのプログラミング学習が必修化される。現在“IchigoJam BASIC”の累計発行ライセンス数は15000を突破しているが、今後は学校関係者向けのワークショップ用学習教材開発にも力を入れる予定だ。

【企業サイト】株式会社jig.jp

広告 

PAGE TOP