【日本】証券会社の社員教育向け仮想株取引サービス

日本の株式会社K-ZONEは、証券会社の社員教育向けに日本最大のバーチャル株式投資ゲームサイト“トレダビ”を無償で提供開始した。“トレダビ”では、証券会社を利用した実際の取引とほぼ同様のトレードを体験できる。よって、株取引を知らない新入社員や入社年の浅い若手社員に銘柄への興味・関心を引き出してもらうことが今回のねらいだ。

オンライン
株式会社K-ZONE

日本の株式会社K-ZONEは、証券会社の新入社員や若手社員に向けて株式売買が仮想体験できる取引シミュレーションゲームサイト“トレダビ”を無償で提供開始した。同社は、株式市場の裾野拡大に貢献すべく、投資や資産運用の知識を楽しく学べる場を提供している。

“トレダビ”の特徴は、東京証券取引所の全上場銘柄が対象で現物以外に信用取引などにも対応しており、証券会社を利用した実際の取引とほぼ同様のトレードが体験可能だ。また、参加すると付与される1000万円のバーチャルマネーを仮想株取引でどの程度殖やせるか競い合うことで、これまで株取引との関わりが無い新入社員や入社年の浅い若手社員に株取引への理解を深めてもらうと共に、銘柄に対する興味・関心を引き出そうとしている。

なお、同社では今後も株取引において難しいとされる銘柄選びや売買タイミングなどの精度を高めるべく、実際の株価・銘柄による本格的な投資や資産運用をリアルに学習できる新サービスを続々と投入していく予定だ。

【企業サイト】株式会社K-ZONE

広告